乳腺炎 | おっぱいのトラブル例①

乳腺炎[うっ滞性、化膿性、慢性]

産後1~6週間以内におこりやすく、母乳が乳腺に溜まり炎症を起こし、発熱や乳房に痛みを与えます。授乳中はいつでも起こりうります。

原因・症状

■乳首の傷からのばい菌感染。

■母乳が溜まるうつ乳。

■乳首・乳房が硬く痛む。

■きついブラジャーやシートベルトで乳房が圧迫される。

■不適切な授乳姿勢

■搾乳器の不適切な使用

■赤ちゃんに飲ませる時の吸わせ方

お願い

①授乳4~5時間以上空け過ぎないで

 

自己流で縫針で刺さないでください。危険です。


病院受診が必要な症状

■わきの下・リンパ筋が腫れ、手が上げにくい。頭痛がする。

■風邪の症状はないが、38.5度の高熱とインフルエンザのような体の痛み。

■乳房周囲が赤くなっている。

■乳首に傷がある、白斑(乳口炎)・白っぽい水泡の膿が出ている。

乳首がピリピリ、チクチク痛い。

⇒こんな時は

出産された病院、外科病院を受診してください。


乳首が硬いと、赤ちゃんは上手におっぱいを吸えなくなります。

乳房ケアが必要

■陥没(かんぼつ)乳頭の方は特に注意してください。

■少し赤くなっている。

■乳首が痛い、乳房の周囲が硬い。

■乳房が硬く、しこりができ押すと痛い。


予防

乳腺炎を治すには、授乳が一番です。

赤ちゃんが上手に飲んでくれると乳腺炎の治りも早いです。

痛い方のおっぱいから飲ませましょう。

授乳ができない時は、ご自身で母乳をしぼってください。

授乳をする時は「股関節脱臼」を予防するために

立て抱きで飲ませてください。

※立て抱き=両足をM字に開いて正面から抱く。

オムツや洋服で足を締め付けないことが大切です。

 


乳首のキズ | おっぱいのトラブル例②

自分でできるキズの手当

①オキシドール、生理食塩水をキズの部位に。

※土が付いた手でキズに触れたとき。土の中には破傷風菌が常在しています。

②ピュアレーン、又は馬油を綿棒で少量塗る

※[注]多く塗りすぎると乳首がふやけて治りが遅い。

③乳首部分をサランラップで1時間覆ってください。

※キズだけのときはピュアレーン、又は馬油のみで可能

 

キズが治るまで

■ピュアレーン馬油を塗る

■乳頭保護器を使用しましょう。

■母乳をしぼって飲ませましょう。

膿が出ている時

⇒病院受診

※ワクチンの効果は10年です。

      皮膚科診療してください

皮膚科や外科受診し、医師からアドバイスを受けてください。

石けんで手洗いをよくしてください。


乳房が痛む時|おっぱいのトラブル例③

[急な時の対応方法]

■冷えピタを貼る。

■アイスノンを使用する。

■凍らせたペットボトルを脇に挟む。

などを行うと痛みが和らぎます。

※冷やしすぎには注意してください

母乳の出が悪くなる時があります。

薬の使用について|その他の心配事

■ロキソニン:消炎・鎮痛・解熱薬

■葛根湯:かぜ・筋肉痛を和らげる薬。まれに赤ちゃんが下痢をすることがあります。

お体に不安を感じた時は、

まずは医師・薬剤師さんにご相談しましょう。


※母乳中に絶対飲んではいけない薬⇒抗がん剤